【ご当地グルメ】黒蜜&きな粉クリームが美味! 静岡のロングセラー菓子パン「のっぽ」が桔梗信玄餅コラボ

静岡県に名物は数あれど、40年以上に渡り愛されている菓子パンといえばのっぽだ。長さ34cmの細長いパンにクリームをサンドした、静岡県民のソウルフードのひとつである。

これまでにもさまざまな味が登場しているが、2月23日(一部店舗は24日以降)より山梨県・桔梗屋の銘菓である桔梗信玄餅とコラボした新商品が登場。黒蜜ときな粉をブレンドしたクリームがサンドされているらしく、そんなん絶対ウマいやつやん!

・桔梗信玄餅の風味を再現
めちゃ気になる新商品「桔梗信玄のっぽ」は、桔梗信玄餅の風味を再現したのっぽパン。桔梗信玄餅に使われているお馴染みの濃厚な黒蜜をベースにきな粉をブレンドした専用クリームがサンドされているらしい。

・パッケージもコラボデザイン
パッケージも両商品のパッケージの特長を生かしたデザイン。のっぽパンのキリンのキャラクターと、桔梗信玄餅の信玄袋に描かれている桔梗の花柄があしらわれている。 静岡県東部地区の主なスーパーやコンビニ、駅売店のほか、山梨県内の主なスーパーなどで販売され、価格は税込172円(店舗により異なる)。

・富士山地域を盛り上げたいとの思い
ちなみに「桔梗信玄のっぽ」は、富士山地域と静岡・山梨両県を盛り上げていきたいとの思いを込めたコラボとのこと。そのため発売日も2月23日の「富士山の日」となっているようだ。超有名な富士山を眺めつつ、ご当地パンを頬張ってみるのもオツかもしれない。