みんなの描いたコアラの絵が「コアラのマーチ」になる / 発売35周年記念で東山動植物園イベント実施

子どもにも大人にも人気のチョコレート菓子「コアラのマーチ」は今年、発売から35周年のアニバーサリーイヤー。また、「コアラのマーチ」といえばのコアラが名古屋の東山動植物園に初来日したのも35年前なのだそうだ。

そんなわけで4月6・7日、東山動植物園「春まつり」の中で、新しいコアラのマーチの絵柄を募集するイベントが実施されたようだ。どんなコアラが描かれたのか、そしてその行方はいかに……?

・「コアラのマーチ」の絵柄を募集
「コアラのマーチ」とコアラ、それぞれの35周年を記念して行われた今回のイベント。来園者が考えた新しいコアラのマーチの絵柄を紙に描いて応募するというもので、2日間で約1750件の絵柄案が集まったそうだ。

・応募作品の1つを新商品に採用
なんと、その中から1つを、2020年春から販売される「コアラのマーチ」計7品の絵柄として採用するのだという。自分の描いたコアラが「コアラのマーチ」になるなんて、きっとチョコレート菓子好きにとってもコアラ好きにとっても感無量な出来事に違いない!

選ばれた絵柄は2019年夏に「コアラのマーチ」のブランドサイトで公開予定とのこと。どんなコアラの絵柄が「コアラのマーチ」としてデビューするのだろうか? 応募した人はワクドキで夏が待ちきれない!?

執筆: コンビニxコンビニ