シロノワールやもみじ饅頭がチロルチョコに! 日本各地のご当地スイーツとコラボした新商品が全国で発売

コンビニのレジ横にちょこんと置かれていることも多いチロルチョコ。ユニークなフレーバーがよく発売されるし、しかもお手ごろ価格だしということでつい買ってしまうチョコ菓子である。

さて、4月15日にまた気になる新商品が登場するようだ。なんと日本各地のご当地スイーツとコラボレーションした、ご当地めぐりを満喫できてしまうチロルチョコなのである!

・日本各地の有名ブランドとコラボ!
全国で新発売されるのは、有名ブランド4社とコラボした4種類のチロルチョコ。ラインアップは、岩手県の銘菓「かもめの玉子」、愛知県発祥の喫茶店・コメダ珈琲店の看板メニュー「シロノワール」、広島県の銘菓「もみじ饅頭」、九州のソウルフードとも呼ばれる佐賀県の「ブラックモンブラン」とそうそうたる面々だ。

・あの喫茶店の味がチロルチョコに
まず「かもめの玉子」は、黄味餡と黄味餡風味ペーストをホワイトチョコでコーティング。「シロノワール」は、香ばしいデニッシュ風味チョコとソフトクリーム風味チョコでとろっとしたメープルソースとサクサクフィアンティーヌを包んで再現したとのこと。

・食感も魅力の「ブラックモンブラン」風味
「もみじ饅頭」は、しっとり食感のこし餡を小豆風味ペーストと一緒に饅頭風味チョコで包んでいるそう。また、「ブラックモンブラン」は、アイスと同じクッキークランチを使用し、ピーナッツと組み合わせた香ばしいザクザク食感。まろやかバニラアイスチョコでクリーミーなおいしさを楽しめるという。

参考価格は7個入りで各130円(税抜)。4種類を一つのパッケージにおさめた「チロルご当地めぐりディスプレイセット」は40袋入りで5200円(税抜)となっている。各メーカーと協力して味にもこだわったらしいので、ご当地スイーツファンは必食かも?

執筆: コンビニxコンビニ