凍らせてもおいしいパピコ味の「プッチンプリン」が誕生 / アイスなのかそれともプリンなのか?

プリンといえばのプッチンプリンとフローズンスムージーのパピコは、どちらも江崎グリコのロングセラー商品である。子どものころから大好き! という人も多いはずだが、合体するってどういうことよ!?

6月24日、プッチンプリンシリーズから「Bigプッチンプリン <パピコ チョココーヒー>」が期間限定で発売。プッチンプリンとパピコがコラボした商品とのことで、一粒で二度おいしいってこういうことなのか?

・チョココーヒー味のプリン
「パピコ チョココーヒー」をプッチンプリンで再現したというこちらの商品。生チョコで仕上げたチョココーヒー味のプリンに、口どけの良いカラメルを組み合わせたものなのだそう。

・凍らせてもおいしい!
そのまま凍らせてもおいしく、いつものプルル〜ン食感とは違ったサクッモチッ食感を味わえるのだとか。パピコとの食べ比べも楽しいかも! 希望小売価格は140円(税抜)。

・パピコなの? プッチンプリンなの?
7月8日より、「プッチンプリン <パピコ チョココーヒー> 」のファミリーパックも登場するらしく、希望小売価格は200円(税抜)となっている。

パピコ味のプッチンプリンを凍らせたらアイス風になり、ということはパピコってことになるのか? それともやっぱりプッチンプリン? とやや混乱してしまいそうだが、まあいずれにせようまそうだっ!

執筆: コンビニxコンビニ