ひつまぶし風に楽しめるだとぅ!? 老舗うなぎ屋とコラボしたオー・ザック「うなぎの蒲やき味」が斬新

7月27日の「土用の丑の日」に向けて、ハウス食品のオー・ザックから斬新な新商品が発売されるようだ。東京・豊洲市場の老舗うなぎ屋・福せんとコラボしたという「うなぎの蒲やき味」である。

そのフレーバーもなかなか珍しいが、もっと珍しいのが「オー・ザック初の裏メニュー」として提案されている食べ方だ。ひつまぶし風に楽しめるというのだが……一袋で三度おいしいってか!?

・老舗コラボの「うなぎの蒲やき味」
オー・ザックの「うなぎの蒲やき味」は、創業半世紀を迎えた福せんが、開店以来継ぎ足し続ける “門外不出の秘伝のタレ” を再現したポテトチップス。ウナギの香ばしさ、タレの甘辛いうまさ、柑橘系の山椒の香りが贅沢なハーモニーを生み出しているのだとか。

・ひつまぶし風にも味わえるとな!?
その裏メニューとしてハウス食品が提案しているのが、ひつまぶし風の味わい方だ。オー・ザックの「うなぎの蒲やき味」と白飯、だし汁、薬味を用意して、まずはそのままスナック菓子として5〜10枚食べる。

・オープンレンジで焼くのがポイント
次にオー・ザックを白飯の上にのせてうな丼風に、そして最後にだし汁と薬味をかけてお茶漬けとして食べるそうだ。ポイントは白飯の上にのせる前、オーブンレンジでオー・ザックを約1分間焼くこと。すると、見た目がよくなり、香ばしい香りもプラスされるとのこと。

なお、オー・ザックの「うなぎの蒲やき味」は6月24日からコンビニで先行販売され、一般販売は7月15日から。希望小売価格は120円(税抜)。7月は一年で最もウナギが食べられる時期だというし、スナック菓子も「うなぎの蒲やき味」で決まり!?