ローソンの新作スイーツの進化系バターサンド「サクバタ」が驚愕のクリーム量!

ローソンでは、大ヒットの売り上げを記録した「バスチー」を始め、「ぷるシュー」「モチーズ」などの新感覚スイーツを立て続けに発売していますが、早くもここで新作スイーツが登場!2019年6月18日(火)に発売された「サクバタサクッとバターサンドキャラメル」と「サクバタサクッとバターサンドストロベリー」の2種類のバターサンド。進化系バターサンドとネット上では話題になっています。

・進化系バターサンド「サクバタ」
バターサンドは、バタークリームをクッキー生地で挟んだスイーツです。近年、専門店などで人気が高まっています。「サクバタ」は、キャラメル味・イチゴ味のバタークリームを、丸いクッキーでサンドした商品です。「キャラメル」は、2種類の焦がしカラメルを加えたほろ苦い味わい。クリームの中にはあめがけのアーモンドが入っています。


・驚愕のバタークリーム
サクバタのキャラメル味は、焦がしカラメルがほろ苦い大人テイストなキャラメルバタークリームにゴロゴロとキャンディングされたアーモンドが入っています。写真を見てわかると思いますが、このクリーム量!!これまでのバターサンドの常識が覆されるほどの厚みです。直径6.5cmなのに対して厚さはなんと3cm!圧巻の厚みです。ネット上ではこの驚愕のクリーム量に賛否両論。中には「くどい」「クッキーからクリームが飛び出て食べづらい」などの声も上がっていますが、甘党にはもってこいのボリューミーな一品です。

・クリームを包むクッキーが美味すぎる
小麦ふすまが入っているというクッキーは「さくさく」というよりも「ザクザク!」とやや固めゆえの小気味よい歯ごたえで、ふんわりやわらかなバタークリームの食感と対照的です。このクッキー自体は甘さ控えめなのでクリームの甘味と絶妙にマッチして全体的に引き締めてくれます。従来のバターサンドはサクサクなものやしっとりと柔らかいものが多かったのに対し、サクバタは「ザクザク食感」というその逆を行く進化系バターサンドなのです。美味しい。



気になるカロリーは、キャラメルが295キロカロリー、ストロベリーが253キロカロリー。パクパクッと食べられてしまうので、食べすぎにはご注意です!一度にキャラメルとストロベリーをダブルで食べるのは胃もたれ注意です…

執筆:コンビニ×コンビニ