【超グルメ】ローソンのコロッケパンが地味にデカ盛りすぎて豪快だしウマイのだが

ローソンで売られているローソンのコロッケパンが「ローソンよくわかってんな!」と言いたくなるほどコロッケパンファンの心をつかんで離さないクオリティでコロッケパンファンを代表して心から感謝したい。

ローソンのコロッケパン(税込150円)はシンプルな包装で派手さは感じられないものの、ちょっとじっくり、まじまじと、中身がどうなっているのか見てほしい。ガッツリとパンからハミ出すほどのコロッケが山のように3つ並んでサンドされていて、しかもコロッケの麓(ふもと)にはたっぷりのタマゴサラダがぎっしり敷き詰められているのがわかるはず。


1個でガッツリ大満足なボリューム。たった150円なのに、ごまかしのないガッツリ感がそこにある。しかもコロッケにはジュワッと染み出そうなほどソースがかけられていて、衣と油分とソースから放たれる香ばしい薫りがたまらなく食欲をそそらせる。

ローソンのコロッケパンは、可能ならばガッツリと一口、豪快に大口を開けて食べたい。パン、コロッケ(とその衣とソース)、タマゴサラダを一度に大量に食べることで、その量に比例してコロッケパンならではの旨さが広がる。いやー、このローソンのコロッケパン、コロッケパンファンの求めているコロッケパンをよく研究しているね。

コロッケパンを食べたい人は「コロッケパンを食べたい欲」を満たしたいわけで、中途半端なコロッケパンは求めていない。しっかりそれを理解した開発者じゃないと作れないコロッケパンなのは間違いない。

【超グルメ】ローソンのコロッケパンが地味にデカ盛りすぎて豪快だしウマイのだが https://concon.jp/2021/05/17/lawson-croquette-bread-delicious/
Reporting and Photo: KUDO