【異国グルメ】中国のファミマが意外と日本語&日本要素だらけだった件 / しかもけっこうウマイ

コンビニエンスストアは日常生活に欠かせない! そんな人は多いと思いますが、どこに行っても、どこで買っても、安定したクオリティで商品が買えるのはコンビニの魅力のひとつですよね。

日本でなじみのコンビニは海外でも人気で、たとえばローソンやファミリーマートなどは中国にも進出し、人々の生活を支えています。今回、中国四川省のファミリーマートに行ってみたのですが、意外にも日本語や日本要素がたくさんあって驚きました。

たとえば、アイスクリーム商品や甘栗などに日本語が使われていて、中国において日本語が受け入れられていることが分かりました。また、日本のコンビニと同じようにその場でアイスクリームを作ってくれたりと、いくつか共通点が見えました。





店舗は清潔に保たれていて、そういう点も日本と同じクオリティでした。海外旅行は楽しいものですが、旅先で心細かったりするときがありますよね。そんなときは、なじみのコンビニに入ることで、その寂しさや不安が消えるという人もいるようですよ。

どこにいっても安心できるクオリティと場所がある。コンビニのひとつの魅力であり、日常生活で愛される存在である理由といえるでしょう。



【異国グルメ】中国のファミマが意外と日本語&日本要素だらけだった件 / しかもけっこうウマイ https://concon.jp/2021/05/18/convenience-stor…apanese-elements/