気仙沼とか気仙沼大島に行ったら気仙沼パン工房の「ピーナッツクリームサンド」を食べてみよう

旅先でご当地グルメを食べたくなるのは当然のこと。日本各地にご当地グルメがありますが、ここ数年間で作られた新しいご当地グルメもあれば、遥か古より愛され続けている歴史あるご当地グルメもあります。

たとえば、宮城県気仙沼市で愛されている気仙沼パン工房の「ピーナッツクリームサンド」は、地域自由民に愛されている地元民のためのご当地グルメといえます。実際に買ってみましたが、デザインのシンプルさが良い感じ。袋から出してみるとシンプルなコッペパン。皿において写真撮りたいけど皿がない……。ということで袋を消毒して袋に置いてみました。


見ためはシンプルなコッペパンですが、持ってみるとフワッとした感触が伝わってきました。私たちが普段食べているコッペパンより柔らかいかも!? そして半分に割ってみると、中にはピーナッツクリームがサンドされていました。しかも少しではなく、かなり多めに入っています。コッペパンのどこを食べてもピーナッツクリームを楽しめる感じです。

そしてコッペパンの食感ですが、フワッとしているのにザラッとしたキメによる食感も楽しめて、よりピーナッツクリームの甘さの広がりを助けているように思いました。これは飽きない。コーヒーや紅茶とともに食べれば、さらに美味しい時間が過ごせそうです。

この気仙沼パン工房の「ピーナッツクリームサンド」は、気仙沼や気仙沼大市の魔商店などで販売されています。


Reporting and Photo: KUDO