ローソンの「わなか監修たこ焼」はマヨネーズかけまくりがウマイのだ!

たこ焼きなんてソースとマヨネーズぶっかけりゃどれも同じでしょ? と言ってる人いますが、違うから。全然違うから。たこ焼きにソースとマヨネーズをかけて美味しくなるのは同じでも、たこ焼きの質が何よりも重要。真に生地がウマイたこ焼きは、ソースもマヨネーズもかつおぶしもいらない。

たとえば大阪屈指の人気たこ焼き屋「わなか」のたこ焼きはそのまま食べても旨味が広がって美味だし、ソースとマスネーズをぶっかけると最強たこ焼きにランクアップする。そんな「わなか」のたこ焼きがローソンでも食べられるのだから嬉しいかぎり。



ローソンの「わなか監修たこ焼」にはソースとマヨネーズがついてくる。もちろん適切量のソースとマヨネーズであり、じゅうぶん美味しく食べられるが、可能ならば、尋常ではないくらいガッツリとマヨネーズを追加してぶっかけてほしい。

過剰なほど大量のマヨネーズこそ、「わなか」のたこ焼きを次のステップに昇華させる起爆剤。生地の旨味、生地の滑らかな食感、ソースの香ばしさ、そのすべてをの魅力を増幅させるのが大量のマヨネーズなのだ。



食べるときは、しっかりとたこ焼き全体にマヨネーズを纏(まと)わせるべし。たこ焼きの表面が見えなくなるほどたぷりとマヨネーズでコーティングしてから1個まるごとを一気に食べる。半分かじるとか、チマチマしてたら美味しさがもったいない!!

大量のマヨネーズはたこ焼きを別次元の美味しさに誘う魅惑の調味料。ちなみに、大量のマヨネーズはフライドポテトや「からあげクン」にもバッチリなのでオススメである。

ローソンの「わなか監修たこ焼」はマヨネーズかけまくりがウマイのだ! https://concon.jp/2021/06/16/lawson-takoyaki-wanaka/
協力: 我慢できないマヨ太郎