セブンイレブンが推してる「コスタコーヒー」がしっかり苦いのにしっかり優しいコク

セブンイレブンが推しているっぽい「コスタコーヒー」。ちょっと細長い特徴のあるボトル。270mlの多すぎない適量で、試しに飲んでみたのですが、けっこう良いかも。スッキリとした苦味をしっかり感じさせつつ、ずっと尾を引く爽やかな苦みが続きます。

爽やかさとコクって両立するのは難しいと思っていたのですが、コスタコーヒーは飲んだ瞬間から爽やかな苦味を感じさせ続け、ゴクッと飲んだ直後から満足感ともいえるコクを感じさせてくれます。なかなか上質かも。コーヒーの美味しさとは何か? を考えて作られている感があります。




冷えた状態でそのままボトルから飲んでおいしかったので、今度は氷を入れたグラスに注いで飲んでみたのですが、しっかり苦味が感じられただけでなく、爽やかさが増したようにも感じました。氷の冷たさと、とけた氷で水分量が増えたからかもしれません。氷が入ったグラスに注いで飲んでも旨いです。

コスタコーヒーは1971年にロンドンで創業したお店とのこと。芳醇な薫りとコクが楽しめるヨーロピアンタイプのコーヒーなのだとか。それを知ってから飲むと、ちょっとリッチな気分になった感じがします。

セブンイレブンが推してる「コスタコーヒー」がしっかり苦いのにしっかり優しいコク https://concon.jp/2021/06/19/seven-eleven-costa-coffee/