ローソンのおにぎり「焼鮭ほぐし」が地味にメガ進化しててイイんだよなあ

コンビニは毎週新しいフードがどんどん出てくるので「飽きない楽しい街の日替わり食堂」だと思っているのですが、もっとおにぎりに注目しても良いと思うのです。おにぎり、いつも同じ定番の味だと思うかもしれませんが、実は、しっかりメガ進化してるのです。

たとえば、シャケのおにぎり。コンビニの歴史のなかでも、もっとも古い部類に入る昔から存在するおにぎりだと思いますが、実はシャケおにぎりも日々進化しています。いまローソンで売られている「焼鮭ほぐし」は意識して食べてほしい逸品。

食べるとホロホロと崩れて広がるシャケ。その食感をより楽しいものにするべく、柔らかい骨を丸ごと使っているのです。骨? むしろ嫌なんだけど。……なんて思う人もいるかと思いますが、骨っぽさはほぼ皆無。しっかり食感と旨味がレベルアップしている事に気がつくはずです。







この「焼鮭ほぐし」を半分に割ってみたのですが、けっこう多くのシャケが入っているのがわかります。おにぎりの中央部だけに集中して詰まっているのではなく、おにぎり内部の広範囲にわたってシャケがサンドされています。

また、パリパリでクリスピーな香ばしい海苔がシャケの香ばしさと相まって美味しさを増幅させます。おにぎりの定番の味、シャケ。でも地味にイイ感じに進化しているのです。いつも食べている定番の味でも、日々の進化に目を向けて食べると、コンビニってすごいな、と思うはずですよ。

ローソンのおにぎり「焼鮭ほぐし」が地味にイイんだよなあ https://concon.jp/2021/06/20/lawson-yakisake-onigiri/
Reporting and Photo: KUDO
https://www.instagram.com/kudo_pon/