ローソンの「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」はライスを投入してこそ完成形になる!

ローソンで買える「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」は、喜多方ラーメンマニアも満足できる(はずの)カップラーメンだと思いますが、ラーメンを食べるとき、もしアレがあれば、ぜひとも「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」に投入してほしいです。

そう、アレとは、ライスのこと! ここに断言します! ローソンの「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」はライスを投入してこそ完成形になる! と! もちろん異論はあると思いますが、このスープ、そのまま飲んでもジワジワくる系のウマさを堪能できるのですが、ライスに染み込むと悪魔的な旨さを発揮するのです。








どんなライスでもスープに浸せば美味しさが楽しめますが、可能ならばやや硬めに炊かれたライスがスープの吸収率が高まる気がするので良さげ。また、硬めのライスだとスルスルと流れるように口に入ってくる食感も楽しめます。

できれば麺をすべて食べてからライスを投入したほうが良いでしょう。でも、「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」を食べながら、茶碗に盛られたライスも同時進行で食べるという魅惑的な食べ方もありますし、とにかく「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」はライスにガッツリ合う! というのは間違いないと思いますよ。

ローソンの「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」は白飯を投入してこそ完成形になる! https://concon.jp/2021/07/02/lawson-ban-nai-kitakata-ramen-rice/