冷やし中華はじめました! セブンイレブンも「6種具材を楽しむ冷し中華」はじめました

今年も続々と冷やし中華をはじめた食堂が出てきていますが、セブンイレブンも「6種具材を楽しむ冷し中華」はじめました! 急にムショーに食べたくなる冷やし中華ですが、その美味しさの決め手は酸味と具だと思うのです。

もちろん麺が汁にマッチし、具とのシンクロ率が高めである必要があるのは当然ですが、酸味が麺と具の美味しさにマッチしていなければ、その冷やし中華は残念なものになり得ます。そういう点においてセブンイレブンの「6種具材を楽しむ冷し中華」は間違いナシ。




パッケージを開封したら、まずは汁を麺にかけてほぐし、しっかりと汁を麺に纏(まと)わせます。これ、けっこう重要ポイントです。麺にしっかりと汁の爽やかさを纏わせることで、具の旨味と食感を昇華させるのです。そう、酸味こそが全体の立役者。

玉子焼き、キュウリ、チャーチューなどの具材にもしっかり汁を染み込ませるため、かき混ぜて食べるのもアリですよ。カラシをつけるかどうかは好みの問題ですが、カラシが嫌いでなければ、全体にカラシいきわたるように混ぜて食べるとさらに美味しいと思います!!

冷やし中華はじめました! セブンイレブンも「6種具材を楽しむ冷し中華」はじめました https://concon.jp/2021/07/06/seven-eleven-6in…ts-hiyashi-chuka/