ミニストップと生活彩家の「ねぎとろ丼」が実にウマイので食べ比べしてみた

昭和時代には考えられませんでしたが、最近は、コンビニで海鮮丼専門店に負けないくらい美味しいねぎとろ丼が買えるようになりました。良い時代になったものですが、筆者が特に美味しいと感じているねぎとろ丼が、ミニストップの「ねぎとろ丼 大」と、生活彩家の「ねぎとろ丼PO」。

どちらも盛り付け方が似ていて、ついてくる醤油の袋も同じっぽい。それでいてテイストもしっかり美味で、レベルも同等のように感じます。明確な違いがあるとすればサイズでしょうか。どうであれ、どちらも美味なねぎとろ丼なので、皆さんにもオススメしたいのです。










どちらのねぎとろ丼も、まったり濃厚で、なめらかで、ご飯の甘味とバッチリ合います。ワサビと醤油でアクセントをつけて食べれば、その幸せ度は高級鮮魚店にも勝るものがあります。

「コンビニより専門店のほうがオイシイに決まってるだろ!!」という声もあると思いますが、グルメは高級さではなく、食べたときに幸せを感じるかどうかだと思うので、そういう点を踏まえれば、コンビニフードだろうと、高級店だろうと、専門店だろうと、関係ないのです。

しっかり美味しいですし、しっか満足感が味わえるミニストップと生活彩家のねぎとろ丼、どちらもオススメですよ!!

ミニストップと生活彩家の「ねぎとろ丼」が実にウマイので食べ比べしてみた https://concon.jp/2021/07/17/negitoro-don-umai-kurberu/